相続税対策は色々な制度・方法がある。利用しなければ損。

相続税対策はいろいろありますが、基本的にはまず税金がかからない贈与を子供へ毎年することです。
現在は受け取る人が一人年間110万円までの贈与は税金がかかりません。
これを親が生きている限り毎年実施するのです。
生前贈与による相続税対策と言われている方法です。

例えば子供が3人いれば一人110万円×3人で330万円が贈与できます。
この場合通帳は贈与を受けた人が管理し、通帳の印鑑も贈与を受けた人のものでなくては税務署は認めません。

次に実子は当然相続人となりますが、養子であっても、一人までは認められます。
相続人が増えると基礎控除が増加してかなり節税になります。
多い例は孫一人を養子縁組して養子とすることです。
子供の配偶者と養子縁組して養子としても良いのです。

また孫へも年110万円までは無税です。
何人でも税金がかかりません。
対策として、ぜひ考えてみてください。

他にも結婚して20年以上が経過した夫婦は、住んでいる土地や家屋を所有者から配偶者へ贈与したり、住むための土地や家屋を購入するための金銭を贈与した場合は2,000万円プラス110万円が無税になると言う制度もあります。
これはぜひお勧めです。

また子供が家を新築する場合親からの贈与が一定の条件を満たしている場合贈与税が一定金額までかからないとか、孫への住宅新築贈与が一定の条件のもと一定金額まで無税になるとか、孫への教育資金が一定の条件下で一定金額まで無税になるとかの制度もあります。
良く研究して利用することをお勧めします。

参考サイト:相続税