自己破産とは借金を帳消しにできる債務整理方法。

自己破産とは、資産を失う代わりに借金を帳消しにする債務整理方法のことです。
自分の資産というのは、高級車やマイホーム、土地などのことです。
住宅ローンを返済している最中だった人は、それ以上の支払いをする必要はなくなりますが、今まで支払ったお金は返ってきません。

債務整理の中でも、自己破産と聞くと、すべて没収されてしまうというイメージがあるかもしれませんが、一定のルールがあるために、最低限度の生活は保証されています。
現金は99万円以下の場合は、没収されません。
また、例えば、マイカーの場合、何年も使っていてかなり20万円以下の価値しかないと判断された場合は没収の対象にはなりません。
預貯金や株券、有価証券なども20万円以下の場合は没収されません。

これは裏を返すと、資産が多ければ多い人ほど、自己破産によって失うものが大きいことを意味します。
そのため、資産家は別の債務整理方法を選択したがる傾向にあります。
自己破産をするためには、裁判所に書類を提出する必要があります。
必要な書類は、「破産手続開始の申立て」と「免責許可の申立て」です。

これらを管轄している地方裁判所に提出します。
債務整理後には、社会的信用を失うことになり、借り入れが一切できなくなります。
クレジットカードは使えなくなったり、ローンの申し込みができなり、支払いは現金による一括払いで済ませることになります。

まれにクレジットカードやローンを利用できる場合がありますが、ほとんど期待できないと思った方がいいです。
また、破産手続きを開始してから免責許可が下りるまでは職業や資格が制限されます。
例えば会社役員、建設業者、警備員などが対象になります。

期間は短いですが、それらの仕事をすることは許されないので、最悪の場合は、仕事を辞めることになってしまいます。
自己破産には借金が帳消しになるというメリットがありますが、こうしたさまざまなデメリットがあるので、容易に債務整理することを選ぶことはおすすめしません。
まずは弁護士に相談して、本当に手続きすべきかどうかを検討してみましょう。

参考:債務整理と自己破産の違いは?どちらを選べばいい?