MENU

相続税対策と資産防衛のバランス

相続税対策には、いろいろあり、保険の活用や、相続人を増やすや、アパートやマンションを建設して賃貸するや、贈与を利用するなどがあります。
しかし、やりすぎたり賃貸不動産を無理に利用すると、資産価値の下落などの問題も発生します。
今年は、貴金属の販売統計で金の売れ行きがすごく、マイナス金利の影響もありますが、相続税対策として仏具などを利用して、金の仏具を相続するテクニックもあるようですが、税務署が非課税として認めてくれるかは疑問なうえ、この仏具の資産価値も下がる可能性もあります。
将来、相続税の増税と合わせて、子供に対する信託相続の相続税対策が大幅に拡大されうることもあり、孫などに対して、相続人として指名や、生前贈与をしておけば、かなりの相続税対策になる可能性もあります。
相続税対策は、税制改正の情報や、普段から贈与などの方法で細かく相続税対策しておくほうが、いざ相続税の計算をするときには、有利になりそうなため、相続税対策の税制改正セミナーには、かなり人気が高いようです。
資産価値が将来値上がりし、なおかつ相続税対策として有効なものはほとんどないので、孫などに教育資金の信託贈与が、一番まともな手段ともいえます。